住まいづくりに関わるなかで。

日々住まいづくりに関わるなかで思うことがあります。
それはやはり
「年月が経てば経つほど親しみが湧き、心地よい住まい」
これを実現することなのだと。

住まいは人々にとって、最も長時間過ごす場所でもありますし、最も心安らぐ場所であるはずです。
であるからこそ、終の棲家たる住まいを、本当に愛着を持って住める住まいを、私たちの手で少しでも多くの方々に提供できることは何にも代え難いものなのだと思います。

2009年02月03日