長期優良住宅について

長期優良住宅の基準

①数世代にわたり構造躯体が使用できること。(少なくとも100年程度)

②大規模地震に対して損傷レベルの低減を図ること。

③維持管理を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

④ライフスタイルの変化に応じて間取り変更が可能な措置が講じられていること。

⑤将来のバリアフリーに対応できるよう必要なスペースが確保されていること。

⑥必要な断熱性能の省エネルギー性能が確保されていること。

その他、居住環境・住戸面積・維持保全計画の基準が定められております。

減税や、優遇措置もありますので、詳しくは国土交通省ホームページで

確認してください。

2014年05月15日